DIARY

ラグジュアリーストリートの先駆者 ~マルセロ・バーロン②~

Posted on 20.8月.2020 by SWITCH in diary

皆さん、こんにちは!!
洋服と歴史と芸術とSwitchををこよなく愛す宗光です。
皆様、いかがお過ごしでしょうか??

さて、前回に引き続き、マルセロ・バーロンをご紹介致しますが、
その前に少し小話をさせて頂きます。

前回のブログでも触れたように、
デザイナーのマルセロはアルゼンチンの出身です。
コレクションやブランドのベースにパタゴニアの文化を入れています。
パタゴニアは、南アメリカ大陸の南部、現在のアルゼンチン地方を指します。
そこに、一万年以上前から、存在したのがパタゴンと呼ばれる先住民族です。


彼らを、発見したのは、1519年に人類初の世界一周航海に出発した
かの有名なマゼランです。
世界一周の途中で、南アメリカ海岸を訪れた時に発見したのでした。

このパタゴニアに住んでいたパタゴンらには、多くの文化がありました。
年間降水量も多くなく、低温、強い風が吹くことから、
背の高い植物は育たず、大地に緑が乏しい地域です。
大まかに言うと、「地平線と風」の地域と言われ、限りなく地平線が広がります。


その為、生と死、空、地球、自然、そしてパチャママ(母なる大地)などが、
この地方を題材とする古い神話に、数多く登場していました。
そして、これらのシンボルに習い、信仰を独自にしていきました。
デザイナーのマルセロは、先住民族のシンボルの伝統・文化を
インスピレーションとして、デザインを行っていきました。
彼は、こうした神秘的な要素を多く持つ国の出身という事で、
哲学者としての一面もあり、マルチな活躍を続け、
ファッションデザイナーの中でも、珍しい人物で、高い評価を得ています。

 

さて、余談はこの辺にし、マルセロの第2弾をご紹介させて頂きます。

¥30,000
定番のロンTのモデルをベースにしたタイプです。
フェザー柄に変わり、落書きペイント風のプリントを施しています。
大人の遊び心と、クールさを上手くミックスさせたモノに仕上がっています。

¥49,000

定番の丸首のスウェット。
フェザー柄の部分には、Newカラーの鮮やかなブルーの
デザインで、ベースのホワイトのカラーとの相性も抜群です。
着やすく、裏起毛ではないタイプなので、
長いシーズン、デイリーに使って頂けます。

¥55,000

こちらは、マルセロのアイコニックなアイテムの1つです。
特殊プリントのフェザー柄を施しただけで、フーディーの
印象は大きく変わり、オシャレのアクセントになります。

¥66,000

絶妙なカラーリングと、バックプリントが光る一着。
ベージュカラーをベースに、マリンブルーのステッチが、
オシャレ感を際立たせています。
バックプリントは、現代アートを彷彿させるようなデザインで、
マルセロらしく他にはない斬新なモノに仕上がっています。
また、ドロップショルダーで緩めなシルエットが、
このデザインとカラーに上手くマッチしています。

 

¥109,000

迷彩柄をベースにしたようなデザインのナイロンブルゾン。
ファスナーやポケット、それにcountryの文字をブルーにし、
良いコントラストが光ります。
ナイロンも程良い光沢感があるかつ、薄い為、
シーズンも長く、着て頂けるような仕様になっています。
ナイロンブルゾンとは思えない程の高級感が広がります。

¥30,000

スニーカーでは定番タイプのスリッポンのモデル。
年々、履きやすさ、デザインがアップグレードされ、
プライス以上の満足感がある一足でもあります。
フェザー柄があるモノの、ホワイトのソールにしている為、
バランス感も良く履いて頂けます。

¥57,000

ブランドロゴのシンプルなボディーバック。
耐久性に優れ、高級感のあるナイロンを使用。
レザーとはまた違った雰囲気ですが、デイリーにも
使いやすく、汚れや傷もつきにくいです。
軽量でコンパクトなので、気軽にも持って頂けます。

 

 

 

いかがでしたでしょうか??
ストリートブランドながら、ミラノコレクションにて、世界に最先端ファッションを
発信し続けるマルセロ・バーロン。
今のストリートブームを作り上げたブランドの1つとして、
もはやその存在は大きなモノへとなっています。
ストリートと言っても、マルセロはラグジュアリーストリートなので、
高級感溢れるモノで、あくまで大人の休日スタイルです。
ですが、清潔感もしっかりあり、若い方から憧れられているブランドでもあり、
本場では、大人の方の休日スタイルを彩っています。
今シーズンから新たにSwitchに加わったマルセロ・バーロン。
是非、皆さんにその良さを実感して頂けたらと思います。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。