DIARY

2018年 ”FINAL BLOG”

Posted on 29.Dec.2018 by SWITCH in diary

皆さん、こんにちは!!
洋服と歴史と芸術とSwitchをこよなく愛すSwitchの宗光です。
今年も残すところ、3日となりました。
時の流れが経つのは、本当に早いモノですね。

年末年始、皆さんは何をして過ごされますか??
皆様には是非とも、昨年ご紹介させて頂きました、
”ウィーンフィルハーモニー・ニューイヤーコンサート”を見て頂きたいと思います。

さて、大晦日にする日本の恒例のならわしと言えば、
年越し蕎麦を食べて、新年を迎えるという伝統的な文化。
この習慣は、江戸時代中期頃から、始まったとされており、
数々の書物にも記述が見られます。
きっと、皆さんも毎年、年越し蕎麦を食べられている事と思います。
そんな年越しそばにかけて、今日は蕎麦に関連するお話をさせて頂きます。

1467年と聞くと、歴史好きの方であれば、ある出来事が頭に浮かぶ事でしょう!!
そう、応仁の乱です。大名の山名氏と細川氏が、11年に渡る大戦乱を
京都で繰り広げた戦いで、まさに戦国時代の幕開けとなった出来事であります。
そんな応仁の乱の2年前、尾張の国から、京都に移り、商いを始めたのが、
今日ご紹介させて頂く、”本家尾張屋”。
創業は1465年で、550年余りの歴史を持つ、日本を代表する老舗の蕎麦屋であります。

IMG_9541

諸説がありますが、尾張屋は現存する日本最古の飲食店ともされております。
江戸時代からは、御用蕎麦司となり、宮中へそばを作りに伺うまでになりました。
その後、東京へ遷都された現在でも、
天皇陛下が京都へ御巡幸の際には、尾張屋の店主がそば作りに伺っているようです。

 

IMG_9550

【創業当時の本家尾張屋を描いたモノ】

 

尾張屋の名物は、宝来そばです。

IMG_9542
蕎麦は昔から大変縁起の良い食べ物と言われ、
蕎麦を食すると宝が来るという言い伝えがある為、「宝来そば」と命名したとのことです。
薬味にはわさび・のり・ねぎ・ごま・紅葉おろし・錦糸玉子・椎茸・海老のあられ揚げ
が盛り付けてあり、味の変化を楽しんで頂けます。
今現在、16代目であり、今後も日本を代表する老舗、蕎麦屋として
文化を継承し続けることでしょう!!
皆様も京都を訪れる機会がありましたら、是非、日本屈指の老舗の
歴史と文化を感じてみてはいかがでしょうか??

さて、本家尾張屋の所在地は、京都府中京区でありますが、
老舗が数多くある京都の中でも、特に老舗が多く集まっている場所です。
場所柄が、京都御所に近いという事も、その理由の1つでしょう。
代表する老舗としては、
紙司柿本(紙)、一保堂(お茶)、象彦(漆器)、松栄堂(線香)、鳩居堂(便箋)、三嶋亭(すき焼き)、
緑寿庵清水(金平糖)、俵屋旅館(旅館)、宮脇賣扇庵(扇子)などで、他にも多数あります。

IMG_9545 IMG_9547
IMG_9548 IMG_9549

【左上から、一保堂、松栄堂、緑寿庵清水、三嶋亭】

日本の古都である京都は、世界で最も老舗が多い都市であり、
世界屈指の文化都市であります。
京都は、パリやフィレンツェ、ケルン、プラハなど、
ヨーロッパの文化都市と姉妹都市でもあります。
日本は、戦後を境に伝統文化が失われつつあり、日本の文化や伝統は衰退状況にあります。
ですが、日本は本来、ヨーロッパのような文化が根強い国でした。
その証拠に、100年以上続く老舗企業が、10万社あり、
さらには1000年以上続く老舗は、7社も存在しています。
ヨーロッパで継承されている素晴らしい文化や、文化活動を参考に、
日本も再び文化大国としての礎を築いて貰えたらと願っております。

 

我々が携わる洋服に関して言えば、古くからヨーロッパにおいて、
培われて来たものであり、文化であります。
日本に洋服が伝来してきたのも、ここ100年足らずの話で、
本格的に浸透するようになったのは、ここ60年くらいの事です。
ヨーロッパの2000年以上の長い歴史を考えると、その差は歴然で、
本物の洋服が生み出されるのはヨーロッパであるとされています。
洋服は、文化的、芸術的なモノであり、
ヨーロッパの人々も、魂と愛を持って、
洋服を生み出し、世界に向けて発信しています。
ひとえに、「洋服は文化を継承するもの」であります。

ヨーロッパの中でも、パリコレ・ミラコレに出展するスーパーブランドは、
ほんの数%しかありません。
その頂点に君臨するアルマーニを始めとした最高峰のブランドの数々を、
全て正規でお取扱いさせて頂いております。
これは、並大抵の事ではないと存じます。
だからこそ、本物のお洋服の素晴らしさや良さを、皆様に
お伝えさせて頂く事が、我々の使命であると思っております。

本年のブログは今回で最後となります。
いつも、拝見頂いております事に厚く御礼申し上げます。
今後とも皆様に、僕らしいブログを発信していきたいと思っております。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

【年末年始 営業日のお知らせ】
本年は一方ならぬお引き立てを賜り、誠に有難うございました。
年末年始は12月30日(日)、12月31日(月)、1月1日(火)の三日間をお休みとさせて頂きます。
ご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解のほど頂きますよう宜しくお願い致します。
尚、新年1月2日(水)から通常営業とさせて頂きます。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

ILYA・Switch INTERNATIONALスタッフ一同

皆様、素敵な年末年始をお過ごしくださいませ。
以上、洋服と歴史と芸術とSwitchをこよなく愛すSwitchの宗光がお送りしました。