DIARY

Fine Sartoria ”PAOLONI ”

Posted on 05.11月.2020 by SWITCH in diary

皆さん、こんにちは!!
洋服と歴史と芸術をこよなく愛すSwitchの宗光です。
11月に入り、寒さが増して参りましたが、いかがお過ごしでしょうか??

さて、世界にある有名な港湾都市と言えば、何を思い浮かばれますか??

リバプール、サンフランシスコ、ロッテルダム、アムステルダムなど、
沢山、存在します。日本で言うと、神戸や横浜でしょうか。
イタリアのアドリア海に面した小さな港湾都市があります。
それが、アンコーナです。


人口は8万人と尾道より小さな街ですが、古代ギリシャ人によって築かれた
起源を持ち、中世の時代には海洋共和国として繁栄した長い歴史があります。
小さな都市ながら、アンコーナの沿岸地帯でも街並みはイタリアらしく綺麗です。
日本では、あまり知られていませんが、歴史的史跡や美しいビーチもあり、
クロアチア、ギリシャなどとフェリーでつながっている為、フェリーで訪れる
人の玄関口としても有名です。
観光名所は高台にそびえたつ、サン・チリアコ大聖堂などです。


イタリアの各都市には、もちろん教会がありますが、このサン・チリアコ大聖堂は、
絢爛豪華な作りではないですが、厳かで壮大なスケールを感じます。
1017年に建設され、100年以上もアンコーナの街を守ってきています。
その他にも歴史都市ならではの史跡もありますが、海沿いを散歩するだけでも
日本とはまた違う、イタリアの雰囲気を十分感じれる事でしょう!!

そんなアンコーナが属するマルケ州は、伝統技術を生かした手作業中心の
モノ作りの聖地としても有名です。
このマルケ州に本拠地を構えるのが、パオローニです。
ラルディーニなどに続く存在で、本国イタリアでは老舗のジャケットブランド
として、広く知られているブランドでもあります。
日本では、古舘伊知郎や神田正輝など、ダンディーな方が愛用しております。
LEONを始め、各雑誌にも昨今は、度々、掲載されるようになりました。

そんなパオローニの2020F/wのコレクションの中から
ピックアップした2モデルをご紹介致します。

¥73,000

パオローニが得意とする定番のジャージジャケットに、
新しいエッセンスを加えた一着。
織柄での表現ではなく、プリント柄を施しているので、
テーラードジャケットとしては珍しいタイプです。もちろん、高級感もありますが、
着やすさも抜群にあります。
このプリント柄は、見た時と着た時の印象は違い、
着た時の印象は、ベーシックなタイプにはない少し大人の遊び心を
感じさせるようなモノになっていますが、
全体のジャケットのバランス感は絶妙に仕上がっています。

 

¥127,000

パオローニが放つトラベラータイプのスーツ。
ネイビーで、軽いウールのタイプのモノ。
とにかく、このスーツの特徴は、軽く、羽織りやすく、しわにもなりにくく、
パッカブルにもなるので、持ち運びも出来るという優れもの。
ここまでの着やすさを追い求めながら、存在感や高級感はそのままという
流石イタリアを代表するジャケットブランドと言えます。
シルエットは、ジャケット、パンツともに細すぎないタイトシルエット。
抜群のバランス感覚を備えた究極のeasyスーツです。

 

いかがでしたでしょうか??
昨今、ジャケットブランドが沢山存在する中で、特に注目を
集めているブランドの1つがパオローニ。
現地、イタリアの支持も多く、同じくクラシコ系のラルディーニなどにも
クオリティー、ジャケットの良さも負けておりません。
特にパオローニに関しては、元々、サルトリアとしての丁寧な作りは
もちろんの事、着やすさを求めたジャージのジャケットが特に有名です。
価格帯も、10万弱くらいの値段帯で、生産から検品にいたるまで、
イタリアの自社工場で仕上げるという徹底ぶりです。
これから、益々、イタリアを代表するジャケットブランドとして、
勢いを増し、不動の地位を確立しようとしています。
是非、一度パオローニを羽織って頂いて、その良さを実感して頂けたらと思います。

皆様のご来店を心よりお待ち致しております。