DIARY

NYが生んだエレガントカジュアルブランド ~3.1 Phillip Lim~

Posted on 07.Sep.2019 by SWITCH in diary

皆さん、こんにちは!!
洋服と歴史と芸術とSwitchをこよなく愛す宗光です。
天気の移り変わりが激しいですが、いかがお過ごしでしょうか??

世界有数の経済都市、観光都市である、ニューヨーク。
様々な人種・文化が入り混じっています。
今日は、僕の好きなミュージカルのお話をさせて頂きます。
ミュージカルの本場と言えば、皆さんご存知ニューヨークです。
二十世紀初頭に、アメリカ固有の演劇形態として、
ブロードウェイで成立したと言われています。

ブロードウェイ
そして、このブロードウェイの起源は、オペラに遡るとされています。
簡単に言うと、ヨーロッパのオペラを、アメリカ風にアレンジし、
大衆的な形態に変えたものと言っていいでしょう!!
映画界にアカデミー賞があるならば、演劇界にはトニー賞と呼ばれる最高の栄誉があります。
ブロードウェイのレベルはもちろん高く、トップスターを目指して、多くのダンサー、アクターが
ニューヨークを目指してやってきます。
有名な作品をいくつか挙げるとすると、「シカゴ」、「オペラ座の怪人」、「ウィキッド」
「ウエストサイドストーリー」、このあたりでしょう。
僕は、学生時代にニューヨークを訪ねた時、「シカゴ」と「オペラ座の怪人」を見ました。
本場の凄さとミュージカルを堪能できました。
今では、映画もミュージカル映画をよく見ます。

シカゴ オペラ座の怪人

さて、そんなエンターテイメントの街、ニューヨークで、
近年特に注目を集めるファッションブランドがあります。
それが、”3.1 Phillip Lim”。

フィリップリム
Switchでも、今シーズンより、正規でお取扱いをスタートさせました。
世界4大コレクションの1つであるニューヨークコレクションにて、
世界に向けてファッションを発信しています。
リムのコレクションは、メンズ・レディース共に、クールでシックな仕上がりの服ばかりです。
シンプルをベースに、さりげないポイントを効かせ、ニューヨークのモード感のある雰囲気を演出します。
都会的でスマートという事もあり、ミラノ・パリ・ニューヨークなどのオシャレな街はもちろん、
日本でも青山や表参道など、オシャレな街には着用者が多いです。
そんな世界で注目を浴び、今やニューヨークコレクションを代表するブランドとなった
”3.1 Phillip Lim”を今日は皆様にご紹介致します。

IMG_2734

IMG_2736 IMG_2735
IMG_2737 IMG_2739

¥92,000

シンプルな大人のコットンブルゾン。
ベーシックなカラー、デザインながら、
どこか高級感と上品さを醸し出すというそのオーラには圧巻。
ポケットワークのステッチ、ファスナーの光沢感、
程良い光沢感のある上質なコットンと、細かいディティール使いが見られます。
今旬の、少し緩めのシルエットながら、サイドから見た時のエアリー感も絶妙。
オシャレな大人の為の一着に仕上がっています。

IMG_2728

IMG_2733 IMG_2731

¥58,000

こちらは、被りのタイプ。
基本ベースは上のタイプと一緒ですが、ネックラインの見え方と、サイドのファスナーの
見せ方が異なり、こちらも非常に魅力的な服に仕上がっています。
上品にも、カジュアルにも着こなせますが、
いずれにせよ、一枚でオシャレな雰囲気を演出出来る事間違いありません。

IMG_2723

IMG_2725 IMG_2726

¥58,000

半袖ブラウスながら、圧倒的な存在感を放つ一着。
巧みなポケットワークに、抜群のカラーリングは、流石の一言。
もちろん、カットソーの上から羽織にしてもOKですが、
スウェットなどに重ね着しても、今っぽいスタイルになります。
一見シンプルですが、そこをバランスよく、品よく、オシャレにみせてくる
このような点が世界のコレクションで喝采を浴びる理由といえます。

 

・その他にも多数ラインナップを揃えております。

 

 

 

いかがでしたでしょうか??
3.1 Phillip Limが織りなす世界観は、モードかつ大人で、
上品な雰囲気を感じて頂けるようなものです。
ニューヨークで世界で輝くそんな存在です。
また、圧倒的なコストパフォーマンスも、リムの魅力です。
横並びのブランド、素材の質から考えてもかなりの破格です。
そんな注目度も増す、3.1 Phillip LimもSwitchでは
もちろん正規でお取扱いさせて頂いております。
リムの素晴らしい世界観を皆様に、感じて頂けたらと思います。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。