DIARY

Evolution of ”Moncler” ⓶

Posted on 04.3月.2021 by SWITCH in diary

皆さん、こんにちは!!
洋服と歴史と芸術を愛する宗光です。
皆さん、春の兆しが伺えますが、いかがお過ごしでしょうか??

さて、今回は前回に続けて、モンクレールの続きを
皆さんにご紹介させて頂きます。


¥152,000
魅せるカモフラ柄のナイロンブルゾン。
カラーは、ブラウンベージュ。
何とも大人な雰囲気が漂っています。

モンクレールの自社開発されたナイロンは、
耐久性も強く、さらには少し光沢感があるため、
一般的なナイロンジャケットとは、全てにおいて、全く違います。

見比べて頂くとより、その違いは明確で、
スポーティーにも関わらず、高級感もあります。

中でも、このモデルは、本当に特別な一着と言えます。


¥135,000

こちらも、モンクレールが得意なコンビネーションのタイプ。
春夏のモデルは、ウールではなく、コットンと
薄いダウンのコンビネーションとなっています。

前見頃の、デザインに注目して下さい。
今までのモンクレールのロゴとnewロゴを組み合わせた、ポップなデザイン。
モンクレールらしいアイテムと言えます。

¥100,000
ブラックカラーのナイロンブルゾン。
ジッパーを閉めると、シンプルですが、
内側には、グログランテープで施された、トリコロールカラー。

また、シャイニー系ではなく、マットに仕上げている為、
大人な雰囲気を演出しています。

コードジップのロゴのデザインは、次の秋冬のダウンにも、
継続されるものとなっています。


¥136,000
リバーシブルのタイプ。
ナイロンとスウェット地となっています。

マリーンルックを思わせるようなデザインです。

モンクレールらしさである光るデザインがありながら、
清潔感もあり、上品な雰囲気もあります。

このバランス感が、モンクレールが支持を受け続ける理由です。
特別感もあり、本当に良い一枚です。

さて、いかがでしたでしょうか??
モンクレールは、アウトドアブランドから、
スタートし、今年で69年を迎えます。
今では、高級ブランドとして、タウンウェアで、世界を牽引しています。
元々の、ブランドの起源にオマージュを捧げつつ、
次世代を担う素材開発、デザインは、ミラコレ、パリコレの
ブランドに匹敵し、ファッション界の先頭に立っています。
そんなモンクレールは、特にダウンのイメージがあるかも
しれませんが、ダウン以外でも、トータルファッションブランド
として、様々なバリエーションの服を作っています。
春夏物は、特に車社会かつ、温暖な瀬戸内の気候であれば、
使用頻度も高いので、オシャレにかつ、デイリーに使ってもらえます。
是非、春夏のモンクレールの良さを
皆さんに、感じて頂けたらと思います。

皆さんのご来店を心よりお待ち申し上げます。