DIARY

The warmest down in the world “ MOOSE KNUCKLES“

Posted on 17.12月.2020 by SWITCH in diary

皆さん、こんにちは!!
洋服と歴史と芸術とswitchをこよなく愛す宗光です。
寒さが日に日に厳しくなっておりますが、
いかがお過ごしでしょうか??

さて、皆さん、突然ですが大陸性気候をご存知でしょうか??
日本に住む私達には、馴染みがないかもしれません。
大陸性気候の特徴は、夏と冬の寒暖差が極めて大きく、
昼間と夜間の気温差が大きいことなどが挙げられます。
そんな大陸性気候が多い国の一つにカナダがあります。
カナダの中でも、この大陸性気候が顕著に現れる街があります。
それが、マニトバ州の州都である、“ウィニペグ“です。

よく地理の問題にも出題されます。
ウィニペグの夏の平均気温は、25°前後で、
過去には、最高気温42°を記録したことがあります。
一方、冬の平均気温は、−16°前後で、過去には−47°を記録しました。

このように、日本、特に瀬戸内海に住む私たちには、
経験のない気候があり、ライフスタイルも大きく異なります。
これほど、一年を通して寒暖差がある街は、世界でも
中々ないと言われているのが、ウィニペグです。

話を本題に移しましょう!!
そんな世界で最も寒い街のひとつとして知られる、カナダ・マニトバ州、
ウィニペグにある自社工場でつくられる高級プレミアムアウターが、
今回ご紹介する“ムースナックルズ(MOOSE KNUCKLES)“です。

ブランドのアイコニックなアウターは、最高級のファーをはじめ、
ワークウエアにも使用されるタフな素材で作られた表地に、
防水・撥水加工を施しています。
ファーのボリューム、保温性に優れ、機能性抜群な素材、
スタイリッシュなシルエットが特徴です。
また、ムースナックルズの定番ダウンパーカーには、
すべて「サーガファー(SAGA FUR)」が用いられています。
「サーガファー」とは、ファーの品質の高さと動物の保護基準の
両方を生み出すための飼育施設のマネジメントシステムのことで、
32項目の要求をクリアしてようやく認証が得られます。
ムースナックルズは、サーガファーのみにこだわっており、
機能面と高いクオリティーを誇っています。
東京渋谷の神宮前に直営店も出来ています。

では、2020F/WのSwitchコレクションの一部をご紹介させて頂きます。

 


¥149,000
ムースナックルズでは、定番と言えるモデル。
表地はハリ感のあるコットン素材で仕上げています。
3色の展開。ブラックにファーがホワイトとブラックのタイプ。
そして、カーキーのカラー。
それぞれ、印象も違い、雰囲気も変わってきます。
ジッパーの使い方を始めとしたデザインも粋な演出です。
また、裏地のブランドタグに注目すると、カナダで熱狂的な
アイスホッケーの写真が刺繍で縫われています。
創業地カナダにオマージュを捧げると共に、
冬に大活躍して頂ける一着に仕上がっています。

¥195,000
こちらは、少しロング丈のモデル。
マッドな質感が、特徴的であり、大人に仕上げています。
カラーも、ホワイトアイスグレーのトーンで、
オシャレかつ、上品な雰囲気を感じさせます。
ファーの雰囲気とも合わさって、よりスタイリッシュな
ダウンウェアになっており、ムースナックルズの良さが全面に出ています。

¥139,000

他の2つのモデルに比べ、少しデザインチックな一着。
深めのネイビーベースに、幾何学模様があしらわれ、
カジュアルながら絶妙な印象を与えてくれます。
そして、肩のロゴも少しラメのデザインで遊び心も満載。
ムースナックルズの中でも軽量感があるモデルで、
着やすさがある為、重宝して頂けるダウンです。

皆さん、いかがでしたでしょうか??
初登場となるムースナックルズの世界観を感じて頂けたでしょうか??
これから、冬本番となる季節に突入します。
そんな時、機能面に優れ、おしゃれ感もあり、
モンクレールやヘルノとまた違った感覚で、
着て頂くと、フレッシュな装いをして頂けると思います。
ただ、モノへのこだわりと言う点では、随所に拘りを感じさせる、
デザイン、素材、生産過程であり、先行しているダウンジャケット
ブランドにも引けを取らないと思います。
世界でも最も寒い街、ウィニペグで生まれたならではの、
ダウンジャケットを是非、皆さんに体感して頂きたいと思っております。

皆様のご来店を心よりお待ち致しております。